MENU

「はなの」寿司はじめ

「はなの」寿司はじめ
Sushi HANANO Concept

寿司「はなの」メニュー


寿司「はなの」ならではの「仕事」とこだわり、そして季節の寿司を紹介します。


ワインのように豊かな味わいの寿司飯

「はなの」で寿司飯に使う米は、関西の米どころ・滋賀県産の「近江米」。琵琶湖を源とする豊富な水と自然に恵まれ、古来から関西の「食」を支えてきた銘米です。

「はなの」では、3種類の近江米を使います。ボルドーワインのようにブレンドすることで、複雑で豊かな味わいに。 3つの米を調和させ、いわば新たな米を「作る」に等しい仕事によって、「はなの」のネタを生かすための寿司飯が生まれるのです。

赤酢と赤米(古代米)のシャリをご用意しております

寿司飯はボルドーワインのように


「押さえない」握り

寿司を「握る」ということ、それは具材と寿司飯を合わせ、職人の手の中で完成する、極めてシンプルな職人技です。

守屋が寿司を握る上で信条としているのは、「押さえない」こと。 握りは形を作る技であり、押さえたり固めたりせず、ただ手を「添える」ことで、食感と口どけの良さを生み出します。 長年の経験と、お客様への「美味しいものを」という想いによる、絶妙な技をお楽しみください。

「押さえない」握り

職人の手は、五感を超えて

守屋が大切にしているのが、寿司の「温度」です。寿司は職人の“手”で握るもの。これが他の料理との大きな違いです。

寿司職人にとっての手は、いわば目であり耳であり、鼻であるかのように、すべての感覚をそこに集中させています。 一つひとつの寿司に細かな気配りをもって食感、温度、湿度を見極め、最高の寿司をご提供する「はなの」寿司カウンターをお楽しみください。

職人の手は、五感を超えて

「旬を握る」

魚介を握る寿司は、季節によって大きく変わります。時季の違いによる具材の変化、あるいは同じ具材でも四季による細やかな変化もお楽しみいただけます。



※上記写真はすべてイメージです。
※一部料金を変更する場合がございます。
※当店で使用しているお米は、すべて国産米です。
※ページ内に表記の価格は、サービス料10%と消費税を含む総額表示といたしております。


日本料理「はなの」

ご予約専用

050-3188-0312

お問い合わせ:06-6440-1066

ご予約専用

050-3188-0312

お問い合わせ:06-6440-1066